Blogブログ

ボディメイクに関する素朴な疑問や、皆様からの質問に対する回答、ジムのイベントやお知らせを発信しています。

ボディメイクの為のおすすめ基本食材一覧

ボディメイクには増量、減量、維持とサイクルがあります。
今自分がどの期間かによって食べるものは多少変わりますが僕の場合基本はほとんど変わりません。グルメな方やお料理が好きな方、毎日違うものを食べたい方には参考にならないかもしれませんが、今回は基本食材を決めるメリットと僕の基本食材をご紹介します。

悩む時間がもったいない

社会人は多忙です。どう時間を作り出すかが成功の秘訣です。
料理に携わっている方や栄養士の方、または理由があって学びたい方以外は
調理や食材選びで悩むのは時間の無駄です。
ボディメイクやカラダつくりが目的の人は基本食材を決めておけば調理に時間をかけず食べることが出来ます。
空いた時間で仕事もできるし有酸素もできるようになります。

体調管理と調節のしやすさ

「よく同じものを食べて飽きないの?そんな生活で楽しいの?」
とか聞かれますが、僕も週1回は好きなものを食べます。
視点を変えれば1年間で48回もパーティーできるわけです。笑
しかしその他の317日は基本的に同じものを食べます。
このメリットは体調管理と調節のしやすさです。
基本食材は栄養バランスを考えて選びますから体調管理が楽です。
また週1回のチートデーや飲み会で食べすぎても翌日から少し減らせばいいだけですから調整がしやすいのです。

カロリー・PFC計算が楽

これも時短テクニックのひとつです。
毎回違う食材、調理方法だとカロリーやPFC計算が大変です。
マメな方は出来るかもしれませんがやはり毎食計算して調理というのはやはり時間がかかります。
基本食材を決めて、初めに1食分の栄養計算をしてしまえばあとは何も考えずに済みます。

理想のカラダを業務スーパーで手に入れる

タイトルは言い過ぎかもしれませんが…笑
僕の基本食材は90%以上業務スーパーで購入しています。
低価格と使いやすい冷凍食材が豊富だからです。
もちろんお気に入りのスーパーがあったり食材によって買う場所を変えても問題ありませんが
1店舗で買い物を済ませた方がやはり時短になるので、僕はなるべく業務スーパーだけで基本食材を考えています。

冷凍食材

ブロッコリー いんげん ほうれんそう アスパラガス アボカドダイスカット
スモークチキン サラダチキン むきえび サーモン サバ たら じゃがいも

常温商品

ノンオイルツナ カットトマト缶
十割そば 糖質0麺 パスタ サツマイモ 玄米粥(三個パック)
オリーブオイル アーモンド 乾燥わかめ たまご 納豆 ユースイート(人工甘味料)

いかがでしょうか?
以上24品目が僕の基本食材です。
一年中この食材が家の冷蔵庫から無くならないようにように買い足していきます。
人によっては7品目の方もいれば15品目の方もいます。

選ぶ基準は、タンパク質量、糖質量、GI値、不飽和脂肪酸、食物繊維などを調べ、自分に合った食材を選びます。
続けるには好みも大事ですからね。

あとは少し継続してみて体の反応を見ながら食材を入れ替えていくという繰り返しです。
ボディメイクを行っている方は参考にしてみてください。
そうでない方も体調管理や時短ができるので基本食材を決めることをおすすめします。

それでは。



関連記事