Blogブログ

ボディメイクに関する素朴な疑問や、皆様からの質問に対する回答、ジムのイベントやお知らせを発信しています。

プロテインって何?

プロテインとは何なのか?

「プロテイン」と聞くと「運動選手やボディービルダーが飲んでいる飲み物」というイメージが未だ多いように思います。

全く知らない方はプロテインもアナボリックステロイド同様に筋肉増強剤だと思っている方もいます。

まず言葉としての「プロテイン」とは直訳すると「たんぱく質」の事です。なのでプロテインとはただたんぱく質を英語で言っているだけです。

プロテインはサプリメント

市販されているプロテインはサプリメントです。

そしてサプリメント業界では、牛乳や大豆などからたんぱく質を抽出し、粉末状にしたプロテインパウダーのことを指します。

プロテインはたんぱく質のサプリメントですからあくまでも栄養補助です。食事からきちんとたんぱく質が摂れているなら必要ありません。

なぜボディービルダーやアスリートはプロテインを飲むの?

では、なぜボディービルダーやアスリートは、好んでプロテインを飲んでいるのでしょうか?

実のところ一日に必要なたんぱく質を食事だけでとるのは意外と難しいのです。

最低でも体重1kgあたり1g、運動習慣のある人は体重1kgあたり2g~3gのたんぱく質を摂る事が理想とされています。

その場合、肉や魚、卵や大豆などを大量に食べなければなりませんがこれらの食材には脂質も大量に含まれています。

脂質は必ずしも悪者ではありませんが、gのカロリーで計算した場合、脂質の比率の方が大きくなります。

体を作るうえで多すぎる脂質は好ましくありませんから純粋にたんぱく質だけを摂取できるプロテインが必要になってくるわけです。

プロテインだけで筋肉は付くの?飲んでも太らない?

これは極端な考え方です。プロテインだけで筋肉は付きませんし太りもしません。

確かに筋肉がつきやすくなったり太りにくくなる効果はあります。

しかし筋肥大には適切な筋力トレーニングが必要ですし、一日の摂取カロリーが消費カロリーを上回ればどんなものを摂取しても太ります。

関連記事